ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

盆栽の改修?~松子デラックス篇

リケンの縫村です。

本日は盆栽改修~さつき篇のつづきの松篇ですbud

しかもsign01デラックス(大きい)

画像を見ていただくとわかりますcamera

IMG_7568.JPG

育ちすぎたせいか鉢が割れていますbomb

IMG_7570.JPG

割れているのでこの鉢から取り出す作業は比較的簡単でした。

 

上の枝葉を選定していますhairsalon

土の中に白いカビみたいなのが繁殖していました。(汚い)

実はこのカビが松菌といって松の育成には非常に重要らしい・・・

松菌も丁寧に取り除き保存、表土のコケも丁寧に取り除き保存

DSC08012.JPG

父上sign01ピンボケですまぬdown

 

DSC08011.JPG

水抜き穴に網をセットの針金もセット~針金なにに使うの?

鹿沼土・父特製混合土を入れ植え付け準備完了good

 

 

針金は松と鉢を固定しています。

根が付くまで動いてはいけないそうです。

ココは屋上ですから、風も強いしねtyphoon さすがfuji

 

DSC08013.JPG

根の隙間に土が行き渡るように竹箸で丁寧につつきます。

私も手伝い20分近くやりましたclock

 

DSC08015.JPG

保存しておいた松菌サンバとコケを張り、お水をタップリaquarius

 

どうでしょうshineすばらしいshine

NEC_0083[1].JPG

父上曰く「若返った」と申しておりましたup

いわれて見ればそうかもしれませんflair

来年の12月位には枝に針金をかけて形を整えるそうです。

6年後には展示会に出せる作品に出来るとか・・・

ブログが続いていたらレポートしたいと思います。

盆栽の改修?~さつき篇

リケンの縫村です。

本日は番外編と言っても過言ではありません。

当社取引先のビル管理会社から「盆栽の植替えを出来ないか」と言われました。

ビルオーナー様の先代が育てていた盆栽だそうです。

ガーデニングやエクステリアをやっているからと言っても、盆栽はダメでしょうdown

sandclock

  sandclock

そうだflair

父上が盆栽のベテランだったsign01

と、言う事で請け負いました。

松:1鉢&さつき:3鉢bud

松に関してはデラックス(大きい)です。

一人では無理と言う事で父の盆栽仲間も参戦します。

まずはさつき1鉢目camera

DSC08010.JPG

どうみても盆栽ではなく自然に育った感じ~

 

鉢から取り出し根も枝も小さくしていきます。

DSC08009.JPG

そして、鉢の中に鹿沼土や父上特製の混合した土を入れ植えつけます。

NEC_0084[1].JPG

1鉢目完成motorsports

丸坊主ですが1年後には綺麗な花も咲くそうですcherryblossom

水遣りで土がこぼれるのを嫌い、縁取りにコケを張っていきます。

このコケは父が山に行き採取してきたそうです。(こだわり)

四隅の網は茶漉しでjapanesetea肥料をカラスから守る為の工夫です。

茶漉しは針金で固定されています。

 

二鉢目のビフォーアフター

DSC08017.JPG

NEC_0085[1].JPG

 

三鉢目のビフォーアフター

これ私なら確実に廃棄しています。

DSC08018.JPG

NEC_0086[1].JPG

幹の部分は半分枯れていましたが、これが数年かければいいものになるそうです。

この鉢は父が大切に保管していたものを提供してくれました。

松篇につづく・・・

 

カーポート拡張計画~その4

杉並区某所でのカーポート拡張のつづき~

段取りが出来ていた、土間コンクリートを打設です。

DSC00894.JPG

コンクリートミキサー車でホカホカspaコンクリートを打設します。

四角い部分はただのコンクリートじゃ、素っ気無いのでポイントでレンガ張りscissors

 

DSC00904.JPG

匠2名がコンクリートを仕上ています。

すばやい仕事ですrun

当社の現場主任だと0.1トンあるのでもぐってしまうでしょうなpig

仕上がりは後日UPしましょうup

 

こちらの匠は既存引戸門扉の開口を少しでも広げる為、改修中です。

DSC00897.JPG

溶接で切った張ったしますが、ス~ンごく上手です。

本職は溶接屋さんではありませんが・・・

DSC00898.JPG

とにかく正確な仕事をしていただけますsign01

いや、こちらの要求以上の仕事をしてくれますgood

 

当社は紹介したスーパー多能工職人達に支えられておりますgood

つづく・・・

カーポート拡張計画~その3

杉並区某所でのカーポート拡張工事の続きです。

もともとのご依頼は大谷石塀を当て逃げされてのご相談でした。

お客さんのご依頼のとおり大谷石を復旧します。

ぶつけられた範囲のみモルタル塗りをして、塗装をかけます。

これもお客様のご要望です。

DSC00049.JPG

工事前、真ん中辺が後に倒れて植木が押えてくれています。

1段のみ残し上は取り外します。

DSC00860.JPG

2段目を復旧した状態ですが、繋ぎにカスガイを打込みます。

さらに目地部に鉄筋を差してみました。

 

DSC00871.JPG

積み終わりましたので、洗浄を掛け脆弱部を撤去します。

 

目地部のひび割れ抑制を

DSC00059.JPG

スーパーメッシュを目地部の下塗りに施工します。

 

下地の大谷石が凸凹なので何回かに分けて塗り足しました。

DSC00907.JPG

平滑にモルタルが仕上がっています。

最初の大谷石の状態は想像できないほどです。

匠もスポドリを飲みながら頑張っていますsign01

 

その他の脆弱部も見栄えが良くなるように

DSC00911.JPG

大谷石の一段目表面がグズグズなのでモルタル巾木にします。

 

モルタルが仕上がったら塗装ですが、最近rainが多いので乾燥期間をタップリとって

から仕上げをしたいと思います。・・・つづく

 

スタッフの休日~その3

今日は千葉に釣りfish

野池でブラックバス釣りですが釣れませんdown

2年ぶりなのに・・・

こんな時は気を取り直しておいしいものでも食べに行こうrun

スマフォで調べてGOrvcardash

到着motorsports

NEC_0072[1].JPG

お昼時なので、既に行列sign01

待つ事30分full

NEC_0073[1].JPG

見た目ほど辛くはないが・・・

微妙な味でしたnoodle

B級グルメだからこんなものかなぁ~

 

 

 

 

カーポート拡張計画~その2

杉並区某所でのカーポート拡張計画

その1~の続きです。

コンクリート打設の為に鋤取sweat01

木の根も撤去しなければ

人力ではsad

疲れ知らずのコイツの出番shadow

   ファイブ

     フォー

       スリー

         トゥー

          ワン

DSC00054.JPG

タッタカ・ターン・タカタタ・タンタラ・・・notes(サンダーバード)

 

グォーン

  ガキガキ

    ドゥワー (途中画像が無いので効果音note

DSC00056.JPG

鋤取完了scissors及び路盤調整完了good

 

土留めに耐火煉瓦と再利用ブロック並べて

DSC00063.JPG

DSC00062.JPG

お客様のイメージに近づけましたshine

土間コンクリートだけでは芸がないので装飾します。

その3につづく・・・

 

エクステリアエキシビジョン2012

本日はrain

日本最大級のエクステリア専門フェアに行って来ました。

会場は東京ビッグサイト

DSC00064.JPG

 

入ってすぐ目に付いた、「デュポン リアリーターフ」

DSC00065.JPG

今までの人工芝がグリーンなら、これはラフといった感じgolf

 

リサイクル商品も多かった

DSC00072.JPG

VAST舗装用コンポジットブロック

廃タイヤと廃プラスチックで作られていて非常に軽量です。

これなら割れる事もないですし、ベランダ等にもやわらかいので良さそうです。

 

ガーデンルーム系

DSC00073.JPG

DSC00076.JPG

三協立山アルミガーデンルームに力を入れてきましたね。

個人的には三協立山の屋根商品は雨仕舞が良いので好きです。

問題はあか抜けていないのが残念・・・(個人的主観)

 

TOEX(LIXIL)のガーデンルームは相変わらず人気です。

DSC00087.JPG

屋根の上のレールは外付けシェードsun

DSC00083.JPG

 

エコロジーブームで太陽光も各社取り入れています。

DSC00084.JPG

ちぃ~とわかりずらいですがカーポートの上に太陽光パネル設置(LIXIL)

 

三協立山さんは見やすく低く設置しとりました。

DSC00074.JPG

 

アイデア商品も多かったpaper

DSC00075.JPG

三協立山アルミ、躯体に固定しないテラス屋根「セパーネ」

 

DSC00079.JPG

シコク、カーポート

柱が後ろ側なので乗り降りがしやすいsign01

シコクさんの商品は痒いところに手が届くんですね。

 

DSC00082.JPG

ダイケンさんの駐輪システム「ウィリーリフト」bicycle

省スペースには使えそうです。

 

DSC00081.JPG

シコク「アートウォール」

工期短縮出来そうな商品clock

コレには興味津々で御座います。

 

電気自動車の普及で充電商品も各社展示thunder

DSC00077.JPG

DSC00086.JPG

 

こんな仕事もやりたいですね。

グローベンさんの「ナチュラルストリームガーデン」(長げぇ~)

DSC00078.JPG

最後にマイナスイオン効果で癒されてきましたconfident

 

 

カーポート拡張計画~その1

おはようございますsun

今週から、杉並区某所でカーポート拡張計画rvcar

工事前は自然いっぱいのお庭ですxmastulipcherryblossom

DSC00044.JPG

敷石・レンガなどお客さん自身の作品です。

すばらしいshine

壊すのが気が引けます。

画像の奥右隅に坪庭を計画flair

 

DSC00050.JPG

とりあえず平板等を撤去して庭石を坪庭部に移動up

これを先にやらないと土間の段取りが出来ませんsign01

以外にも石が大きく悪戦苦闘sweat01

あまりにも大変だったので石の画像撮り忘れましたdown

 

DSC00051.JPG

植木職人さんにも来て頂き坪庭完成motorsports

奥の二つの石は小さく見えますが埋め込んでいるのでかなりデカイfuji

このレイアウトはお客さんのイメージを指示してもらいながら施工しました。

言葉では表現できない部分なので非常に助かりました。

 

このあとは手前側の工事に着手しますsign03

・・・つづく

 

 

 

 

屋上に門扉取付

本日は天気もよく屋上で作業sun

屋上に門扉を新設する工事ですが、制約が色々あります。

防水の関係で床に深い穴はng

施工場所はココ

IMG_2637.JPG

内容は片開き&袖フェンス

既存格子手摺が利用できそうですが、穴を開けてしまうと切り粉が広がってサビが床一面にひろがるのでng

ということでコレ

DSC08003.JPG

アルミアングルピースをUボルトで固定wrench

 

DSC08002.JPG

足元は既存基礎にアルミCチャンネルを切り出した部材で固定wrench

吊元柱なので頑丈にgood

 

DSC08004.JPG

戸当り柱側は新規基礎石で施工sign01

この柱にフェンス柱を抱かせて、柱~袖フェンス~既存格子手摺に固定

 

DSC08007.JPG

揺さぶってみましたが、かなり頑丈good

Uボルト以外は全て三協立山アルミの製品をつかいました。

同社のハンヨウ部材はいろいろな用途に使えるので大変重宝します。

 

特殊な取付も得意なのでお問い合わせ下さいmail

 

物置設置工事

リケンの縫村です。

今回は物置がメインではありません。

物置は素人さんでも説明書を見て組み立てる事が出来ます。

今回は付帯する転倒防止工事を紹介します。

先日の低気圧と去年の台風はいろんなところで被害が発生しました。

そして、頻発する地震もあります。

自然災害に備えての工事はプロの仕事です。

DSC00853.JPG

モグラ君です。穴掘り中sweat01

 

DSC00846.JPG

壺堀aquarius

そこのほうを少し広げます。

 

DSC00848.JPG

コンクリートを充填

金物は付属品です。

四つ角全部やりましょう。

これでそうそう動きませんよgood

 

ページ上部へ