ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

エブリィのティッシュホルダー製作

リケンの縫村です。

本日、強風typhoon雨天rainのため事務所仕事building

営業車エブリィのダッシュボードにティッシュの箱を置いていますが運転の邪魔です。

ず~っと前から気になっていました。

知り合いのタイル職人さんがハイゼットに乗っていますがオーバーヘッドコンソールにティッシュホルダーがついとりました。

エブリィのパーツを探しましたが見つかりません。

無いdown

無ければ作るしかないsign01

現状はこんな感じcamera

DSC00025.JPG

邪魔だねsign01

急カーブでは右へ左へdash

 

ハイルーフなので、このへんがベストup

DSC00026.JPG

ルームミラーを利用して共締めしちまおうwrench

 

ホームセンターで素材を物色

DSC00027.JPG

アクリル板の3㎜厚

加工もしやすそうだsign03

 

加工中はとっ散らかっているので画像なしsecret

型取~カット~曲げ加工

「あっsign01」というまに完成

DSC00028.JPG

DSC00029.JPG

アクリル板 780円

M6ナベビス 首下20㎜(手持ち品)でプロトタイプ1号完成good

 

駄菓子菓子sign03 ルームランプの光が遮られてしまったdown

プロトタイプ2号ではバックセット(後方にずらす)してつくりまひょうorz

・・・つづく(暇なら)

 

古~いアパート内装リフォーム

リケンの縫村です。

本日は昭和なアパートのリフォームです。

お客さんのご要望で「安く・安くyen」 決まり文句です・・・

まずは施工前camera

DSC07593-s.JPGDSC07594-s.JPG

そして施工後camera

DSC00016.JPG

shineん~んshine綺麗

施工前は古いデジカメ、施工後は新しいデジカメの影響もありますが本当に明るくなりましたsun

 

和室の施工前camera

DSC07608-s.JPGDSC07609-s.JPG

そして施工後camera

DSC00021.JPG

床面積はおおよそ12坪

塗装・クロス張り・畳・ふすま・クッションフロア・クリーニングをしまして50諭吉程度paper

そうそう、忘れてましたコレbell

DSC00019.JPG

火災警報器bell

煙感知3台・熱感知1台も含んでおります。

アパートのオーナー様ご依頼お待ちしています。

お問い合わせ・お見積り無料sign01

お問い合わせはコチラmail

 

エクステリア集大成的な~現場

リケンの縫村です。

題名の通りいろんなエクステリア商品施工sign01

DSC05833.JPG

化粧ブロック組積・フェンス(格子・目隠し)・門扉引戸・カーポート・機能門柱・バルコニー

 

DSC05834.JPG

サイクルポート・門扉(開き戸)   入居者募集中scissors

 

DSC05835.JPG

物置・テラス屋根 母屋に微かに見えるバルコニーとバルコニー屋根

 

DSC05836.JPG

バリカー・階段屋根(写ってませんorz)

土間コンクリート

ちなみに母屋の左官・タイル工事もやりましたscissors

母屋・アパートは杉並の大淵工務店さん

外構工事のプランニングから施工まで当社で行いました。

長かったなぁ~

でも、楽しかったup

 

 

水溜り解消工事

本日は震災の影響で発生した水溜りの解消です。

新しい物件でも、掘削して埋め戻した地盤は震災の影響を受けています。

とりあえず、通行に支障がある通路の応急処置です。

その他にも直すべきところは沢山ありましたが・・・

施工前camera

DSC07923.JPG

通路のど真ん中に水溜りができます。

 

施工範囲をマーキングpunch

DSC07924.JPG

 

乳剤を塗って密着力を良くします。

DSC07925.JPG

 

常温合材をレベルを見ながら敷いて行きます。

今回使用したのはレミファルトS5

DSC07926.JPG

転圧して沈む分を計算に入れて敷き均します。

続けてプレートで転圧

DSC07927.JPG

今回はオーバーレイ(古いアスファルトを剥さずに被せる方法)なので、レミファルトS5は骨材が細かいのですが

端部がポロポロととれてしまうと思うのでさらに補強します。

 

補強に使うのはロメンパッチ

綺麗にみせるために施工部分をガムテープで養生します。

DSC07928.JPG

施工方法はYOUTUBEでご覧下さい。

 

出来上がりですmotorsports

DSC07930.JPG

短時間で歩行可能になります。

 

補修工事いろいろ出来ます。

お問い合わせ下さいmail

ブログの必需品

最近、調子の悪かったデジカメ君camera

ピンボケ・バッテリーの消耗・その他いろいろ・・・

画像はブログの必須ですよねsign01

お陀仏になる前に買い替えました。

じゃ~んnewデジカメ君

DSC07938.JPG

DSC07939.JPG

色もCOOLup

画面もデカイshine

駄菓子菓子!上の画像は旧デジカメ君(まだまだいけそう?)

 

同じ立ち位置からの撮影

旧デジカメ君 VS 新デジカメ君

DSC07937.JPG

旧デジカメ君画像ですupwardright

そして新デジカメ君画像downwardleft

DSC00002.JPG

あら・まぁ~広角じゃないの!

施工画像の説明にはこのくらい広く写らないとダメだね~

でも、まだまだ旧も使えるのでブログ以外の施工写真は継続しよっとsmile

デジカメも安くなりました。旧で当事は1万円強でした。新は8千円弱wobbly

昭和生まれのアナログ育ちの私にとっては複雑な機能は要りませぬ((paper))

安物2台駆使してブログ面白くするぞsign03

 

 

 

工具の紹介~その1

リケンの縫村です。

新しい工具がやってきましたwrench

鉄筋を加工できる機械ですheart02

DSC07931.JPG

〇房と畳は新しいほうがいいといいますが・・・

なんでも新しいものはいいですなぁ~

 

大きな台座部分に鉄筋を置いて曲げれますsign01

90°up

180°enter

DSC07933.JPG

 

簡単ダイヤル設定ですtelephone

DSC07932.JPG

しかも、10㎜・13㎜・16㎜で色分けされててやさしいshine

うちの〇〇な社員でもいい仕事できるでしょうorz

 

本体を寝かせると鉄筋も切断できますhairsalon

DSC07934.JPG

ん~~優れた奴heart04

これで〇〇な社員でも作業効率上がるはず・・・

今まではリースで鉄筋カッターと鉄筋ベンダーを借りていました。

こやつは鉄筋カットベンダー1台2役

すぐに元は取れるでしょうsign03

 

 

東日本大震災

東日本大震災から丁度一年

いまだに復興が思うように進まない被災地

政府・行政には本当に本腰入れて動いて頂きたいと願うばかりです。

 

改めて、被災で永眠された方々に心よりお悔やみ申しあげます。

また、一刻も早く余震が終息し、今後の復興なども含め安心して生活できる日が

来ることを心よりお祈り申しあげます。

 

                 有限会社リケン・・・スタッフ一同

震災修繕工事~その2

リケンの縫村です。

昨日の震災修繕の続きです。

玄関ドアの脇に発生したクラックになります。

このクラックは新築時に玄関ドアの廻りに詰めたモルタルとコンクリート取合いが肌別れした結果です。

注入は効果が無いのでUカットシールで対処します。

DSC01385.JPG

UカットホイールでUの字の溝を作ります。

左側のパイプは集塵機です。埃の飛散を防ぎます。

 

DSC06859.JPG

溝付けした状態です。

 

DSC06861.JPG

プライマーを塗り、シーリングをします。

 

DSC06867.JPG

カチオン樹脂で密着を高めます。

 

DSC06870.JPG

カチオン系樹脂モルタルで埋めて素地調整しました。

ここから先の工程は昨日のクラック補修と同じです。

下地材~上塗り

 

震災修繕以外もご相談下さい。

お問い合わせはこちらmail

震災修繕工事~その1

今日もrainで鬱陶しいですねdown

東日本の震災からそろそろ1年がたちます。

被災地の復興もまだまだ手つかずな場所も多いようです。

当社も震災後、東京・埼玉・千葉・神奈川の物件の震災に伴う修繕工事に追われています。

本日はコンクリート躯体に発生したクラック修繕の作業を紹介します。

DSC06846.JPG

躯体に入ったクラックです。この壁は雑壁ですから特に建物の強度が著しく低下するような事はありません。

コンクリートの中には鉄筋もありますから、ずれて崩壊するような事もありません。

ただし、放置すればここから雨水などが浸入してコンクリートそのものの強度は低下してしまいます。

ここは、エポキシ樹脂を注入して接着します。注入も1㎜以上のクラックでないと圧入は困難です。

 

DSC06848.JPG

クラックに沿って50㎜ピッチで注入用の穴あけをします。

クラックの入り方によって、穴あけの位置は色々です。

 

DSC06847.JPG

エアダスターで穴の中を掃除します。

 

DSC06855.JPG

注入ガンで樹脂を圧入しました。

穴と穴のクラック部から樹脂が出て注入は成功です。

当社はカートリッジ式のSSSボンドを使用しています。

物は高いですが、計量・混合の人為的ミスを防げます。

上記のようなミスを犯すと硬化不良などが起き接着できなくなります。

 

DSC06862.JPG

樹脂硬化後は、密着を高める為にカチオン樹脂を塗布します。

 

DSC06872.JPG

塗装用下地材を塗布し乾燥後に上塗りを行います。

 

DSC06881.JPG

上塗りして完成です。

元の色が褪せているので色合せは難しいです。

塗替え当事に使用した材料でも色が合いません。

目立ちますが、これで雨水の浸入は防げます。

 

補修工事以外でもご相談下さい。

お問い合わせはこちらmail

 

ブロック塀改修工事~その1

リケンの縫村です。

本日は、杉並区某所で地震により傾いてしまったブロック塀のフェンス化工事を紹介しましょう。

この塀は当時3回に分けて施工したと思われます。

奥の塀は一番古いのですが、控えブロックもあり見た目より上部ですが、手前の塀は真ん中で倒れてしまっています。

施工前camera

DSC05945.JPG

頭が外側に5センチ程度倒れています。

 

DSC05946.JPG

ブロック塀は地震の揺れで頭が振られます。高ければ高いほどです。

古ければ古いほど地震には弱いdown

画像のブロックは軽量ブロックですが、これもまた軽量ですが強度はありません。

ということで、頭を軽くしましょうflair

DSC06123.JPG

視線を遮る為に目隠しフェンスthink

DSC06124.JPG

ブロックからフェンスにするだけで1mあたり:113kg(机上計算)ダイエットが出来ました

これで、耐震性能は格段に向上するはずです。

ちなみに倒れはジャッキをかけて修正しています。

この工法はコストを抑える事にも貢献しますdollar

 

ブロック・フェンス・エクステリア・リフォーム・耐震改修何でも相談下さい。

お問い合わせはこちらmail

 

 

ページ上部へ