ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ブロック塀改修工事~その1

リケンの縫村です。

本日は、杉並区某所で地震により傾いてしまったブロック塀のフェンス化工事を紹介しましょう。

この塀は当時3回に分けて施工したと思われます。

奥の塀は一番古いのですが、控えブロックもあり見た目より上部ですが、手前の塀は真ん中で倒れてしまっています。

施工前camera

DSC05945.JPG

頭が外側に5センチ程度倒れています。

 

DSC05946.JPG

ブロック塀は地震の揺れで頭が振られます。高ければ高いほどです。

古ければ古いほど地震には弱いdown

画像のブロックは軽量ブロックですが、これもまた軽量ですが強度はありません。

ということで、頭を軽くしましょうflair

DSC06123.JPG

視線を遮る為に目隠しフェンスthink

DSC06124.JPG

ブロックからフェンスにするだけで1mあたり:113kg(机上計算)ダイエットが出来ました

これで、耐震性能は格段に向上するはずです。

ちなみに倒れはジャッキをかけて修正しています。

この工法はコストを抑える事にも貢献しますdollar

 

ブロック・フェンス・エクステリア・リフォーム・耐震改修何でも相談下さい。

お問い合わせはこちらmail

 

 

防犯対策~その2

リケンの縫村です。

本日は、中野区某所で防犯対策門扉の取付です。

このビルは門扉は付いているのですが、鍵がかけられません。

なぜかと言うと、隣のビルを建て替えたときに戸当り側の柱が無くなってしまったのですwobbly

DSC04495.JPG

 

ビルの隙間は良く見かけますbuildingbuilding

無断通行されたり・ゴミ捨てられたり・酔っ払いがtoiletにしたりdown

防犯上良くありませんねsad

ビルの間は埋設物(設備系配管)が多いので埋め込みは難しいsweat01

壁付仕様にしますflair (お隣と協議必要)

DSC04676.JPG

鍵も両面シリンダー仕様

門扉も既製品の特注寸法なのでお安いかと思います。

不法投棄・酔っ払いでお困りの片は防犯対策にいかがでしょうかsign01

 

お問い合わせはこちらまでmail

 

火災現場修復工事

リケンの縫村です。

本日も朝のうちrainでしたので、過去の工事を紹介します。

目黒区某所で当社顧客の所有アパートが火災したとtelephoneがあり、修復してほしいとの事

とりあえず、見に行きました。

現場付近に到着すると焦げた臭いが漂っていました。

DSC04788.JPG

一目見たときは大したことはないと思いましたが、奥のほうが酷いdown

オーナー様に「なんとかなりますか」と言われ、言葉を失い「中を見させてください」

なかにはいりました

DSC04724.JPG

犠牲者が無かった事が不幸中の幸いですね

DSC04726.JPG

ここは1階が1世帯で2階ワンルーム×4世帯の造り

どうやら、借主が又貸しをしていてたこ部屋だったそうです。

スタンド照明が出火原因らしく・・・

1階はほぼ全滅状態down

一部焦げたボードを剥してみると、構造材が生きていましたshine

これは行けると思い、フルリフォームで提案しました。

おおよそ2ヶ月かかりましたが、修復+α 出来ました。

間取り変更をするため外周以外の構造材は全て交換です。

1階・2階共に3世帯分の合計6世帯

一番悩んだのが1階の各部屋へ行くための通路

敷地がギリギリなので元の玄関・トイレ・浴室つぶして通路確保good

DSC05083.JPG

右手に見えるのが通路

そこを進んでいくと

DSC05084.JPG

工事前はこの部分はゴミだらけと洗濯機が置いてありました。

 

2階の通路も洗濯機置場などがあり非常に狭い

DSC04789.JPG

洗濯機は部屋の中に置ける間取りに変更

通路もスッキリさせバルコニー屋根も取付けました。

DSC05085.JPG

 

隣同士の間仕切りも天井裏まで耐火構造にしてあります。

万が一火災が起きても避難する時間を稼げます。

構造材も補強をしてありますので、耐震性はバッチリsign01

3.11の震災でもひびひとつ入りませんでした。

外装もスパニッシュな感じにしてみましたflair

DSC05082.JPG

新築のような仕上がりですnew

 

火災現場・耐震補強・耐震リフォーム・小規模工事

なんでもお気軽にご相談ください。mail

 

 

 

 

ゴミ置場囲い工事

今日はrain、先週はsnow、明日もrainみたいです。

本日は過去の工事を紹介します。

埼玉県某所のマンションのゴミ置場改修工事です。

現況はオープンな感じで擁壁で囲いがあるだけです。

「カラスのいたずら」「居住者以外の通行人の投げ捨て」等々あるらしく囲いを付けてほしいと・・・

 

施工前camera

DSC05811.JPG

 

施工後camera

DSC05824.JPG

 

扉にもテンキー錠をつけまして

DSC05826.JPG

 

これでカッコイイ囲いの完成bleah

 

防犯対策~その1

リケンの縫村です。

本日は港区某所のマンションに門扉の交換に行きました。

この物件は道路からエントランスの間に非常階段がありまして、その階段は誰でも出入り出来る状態でした。

 

施工前camera

DSC07584.JPG

鉄の門扉を撤去しまして、アルミの大型扉をつけます。

 

施工後camera

DSC_0365.JPG

錠前は自動施錠で扉が閉まれば施錠されます。

ヒンジにはオートクローズ機能が付いていますので、開けっ放しにはなりません。

中からはレバー操作だけで開錠できます。

新築だと法規的な問題がありますが、既存マンションであれば消防検査で指摘される場合もありますが、

防犯上は仕方ないので、大抵クリアできると思います。

なかから、レバー操作だけで開錠し外側に扉が開けば問題ありません。

地域により異なりますので消防署などで確認をしてください。

 

バルコニー屋根工事

リケンの縫村です。

昨日の目隠しフェンスに続き、バルコニー屋根工事です。

これまた、杉並区某所での耐震補強&リフォーム工事の外装篇と言ったところです。

 

以前、付いていたものはアルミフレームの波板仕様wave

波板は劣化して穴が開いておりました。

DSC07505.JPG

DSC07504.JPG

画像見ての通りeye跳ね出し納まりです。

 

施工前全体像camera

DSC07506.JPG

 

そして、施工後全体像camera

DSC07890.JPG

間口は以前と同じですが、出幅を30cm程増やし吹き込みに対処しています。

屋根材は耐候性のあるポリカーボネートになります。

商品は三協立山アルミ/メニーウェルF型

 

特殊な納まりでも施工できますgood

お気軽にお問い合わせ下さいmail

目隠しフェンス工事~その1

リケンの縫村です。

今日は杉並区某所で目隠しフェンス工事を行いました。

この現場は以前、耐震補強&リフォーム工事をレポートした現場です。

施工前ですcamera

DSC07891.JPG

裏のhouseのアプローチにお庭と和室が接していて丸見えeye

通常はブロックの穴を利用して、フェンスの支柱をモルタル固定するのですが・・・

昔の建売物件って事もあり、境界がハッキリしないので復旧可能な取付方法を選択します。

 

支柱取付のcamera

DSC07892.JPG

C型ホロー材 アルミで肉厚:4㎜ これをブロックにオールアンカーで固定しますwrench

この部材は専用品ではありませんが、このフェンスの支柱にはジャストサイズsign01

 

で、取付完了がこれcamera

DSC07893.JPG

ピンボケorz

DSC07894.JPG

これまた、ピンボケorz

使用しているデジカメは7年選手、現在の携帯より性能悪しdown

そろそろ~新ちいのが欲しいなぁ~

ちなみに、フェンスはシコク/クレディフェンス6型

明日、同じ現場でバルコニー屋根工事をUPする予定なので、フェンスcamera撮影しなおしでUPします。

 

階段屋根工事~その後

雪です。しかも大雪snow

DSC07887.JPG

杉並区某所に設置した階段屋根はしっかり仕事してくれているだろうか・・・

 

見に行きましたrvcardash

DSC07888.JPG

お~お~ バッチリですなgood

DSC07889.JPG

ちゃんと役目を果たしてますsign01

雪が重いけどがんばるんだよ~

大谷石塀洗浄

杉並区 某所で万年塀の洗浄をしました。

洗浄機は電気式の高圧でないものです。

なぜなら、高圧だと大谷石が削れてしまいます。(高圧は持ってませんがhappy02

当社のは、リョービの洗浄機です。

 

まずは施工中のcamera

DSC07625.JPG

ほとんどが苔なので、薬品は一切使いません。

その査歴然でしょup

 

施工前camera

施工前.JPG

で、施工後がこれcamera

施工後.JPG

 

このあと、本職の大谷石の欠けた部分のモルタル補修も数箇所行いました。

当社の業務に清掃は明記していませんが、ある程度の圧力で洗浄することにより、

大谷石の脆弱部がとれてくれます。その部分を効率的に補修することで美観と耐久性を

向上する事が出来ます。

 

大谷石も長持ちすると思います。

洗面ボウル補修にチャレンジ!

リケンの縫村です。

今日は女房の友達宅の洗面ボウルにひびが入り水漏れしてしまうので補修してみます。

割れたところcamera

DSC07869.JPG

化粧のビンでもヒットさせたのでしょうかimpact

 

エポキシボンドで補修するのですが、接着面積を増やしたいと思います。

より強度が出るような気がする~flair

ひびに沿って機械で溝をつけます。(役に立つ道具です。カットソー

DSC07870.JPG

この機械かなり小枝小技が使えます。

狭いところでもらくらくちんconfident

ボッシュのカットソーsign03(しつこい?)

 

ボンドはホームセンターで350円位のコニシのホーロー補修用ボンドです。

DSC07872.JPG

2液を混合して使います。

色は白になりますが、こいつの優れたところは絵の具で色を朝食調色できます。

今回は色はつけません。

 

周りをテープで養生して余分なところを汚れないようにします。

DSC07873.JPG

余分なボンドはよく擦り取ります。

このボンドは30分程度で硬化しますが、ドライヤーをあててやると短縮できます。

 

余分なボンドを耐水ペーパー#400程度でこすり落します。

DSC07875.JPG

仕上げは耐水ペーパー#800程度を使います。

 

仕上がりはこんな具合camera

DSC07876.JPG

あ・た・た・た~ 調色するべきでしたdown

とりあえず、水漏れはとまりました。

 

 

ページ上部へ