ホーム>スタッフブログ>ウォールエクステリア

ウォールエクステリア

LIXIL パワーアルファ施工

久々の更新ですpaper

 

今回はホームページからの問い合わせで『LIXIL パワーアルファF型』の施工です。

ガレージ奥行きが無い為、雨垂れがボンネットに落ちるのを防ぐ目的です。

この場所へ取付

↓ ↓ ↓

20169219044.JPG壁面に天然木を使用しています。

天然木も少々劣化しているのでステイン系で保護塗装をします。

20169219242.JPGペーパー掛けで下地処理中sign01

20169219428.JPG塗装完了shine

20169219732.JPG施行開始sign01

2016921991.JPG道路境界まで60㎝ほどしかないので、越境しないように出幅方向切詰めしながらの組立です。

201692191045.JPG最終チェックをして完了ですscissors

アウターシェード取付

初夏の陽気になり、早朝から日差しが眩しい季節です。

 

今回は、その日差しを遮りたいと相談を受けました。

 

取付場所はこの出窓です。downwardleft

 

201564112352.JPGオーニングも考えましたが出窓全体を覆うことが出来ないのと

手動操作が困難なため電動にするとコストが上がります。

いろいろ探して辿り着いたのがYKKapのアウターシェードscissors

 

基本的に出窓用は無いのですが無い知恵を絞って取付完了(笑)

201564113039.JPG写真写り悪いdown

 

ココのお宅は過去にガーデニングをしたリピーター様です。

201564113235.JPGupwardright玄関アプローチ廻りです。

そして庭側downwardleft

201564113455.JPG癒される空間づくりをしましたscissors

 

そういえば、ここのビフォーアフターブログをUPしてないsweat01

ガーデンルーム取付しました!

リケンの縫村です。

1ヶ月ぶりのブログ更新です。

ブログ記事の操作方法を忘れてしまいましたcrying

今回、杉並区某所でガーデンルームの工事をUPいたします。

現況はウッドデッキでガーデニングされた状態ですbud

DSC00113.JPG

DSC00119.JPG

ウッドデッキとラチスフェンスで装飾されて綺麗になっていますが解体します。

 

NEC_0106[1].JPG

解体後、ガーデンルームの職人さんが墨出し中~

晴れてるのに霧がかかっていますsign02

スマフォで撮影したのですが、なぜこんな事に・・・

 

NEC_0110[1].JPG

施工前の全景ですhouse

 

そして施工後camera

DSC00421.JPG

入り隅部への施工で通常は、サッシ上の壁から施工するのですが、雨樋が緩衝するのと軒先で高さがとれないので

今回は躯体バルコニー腰壁からの施工となります。

 

DSC00418.JPG

内観はこんな感じshine

木粉入り樹脂デッキ仕様で水洗いも出来ます。

ワンちゃんをココで飼うお客様には掃除が楽だと思います。

DSC00414.JPG

両妻側に掃出し窓と折れ戸を設置していますので、両方から出入り出来ます。

正面は腰下Fix窓と腰高引き違い窓で、換気も充分に行えます。

 

今回の商品は三協立山アルミ『ハピーナ』特注品になります。

この記事の工事価格についてはmailにてお問い合わせ下さい。

また、出張見積りも無料ですのでお問い合わせ下さい。

 

バルコニー特殊納まり

リケンの縫村です。

多忙な日々と猛暑でバテ気味で、ブログ更新サボってましたdown

今日は都内某所でのバルコニーの特殊納まり工事です。

各メーカー、アルミ形材バルコニーは色々あります。

通常は建物の壁に固定をし先端を支柱で支えるのが基本sign01

今回のご依頼は建物から離れたガレージの上に設置したいと・・・

が、固定する壁がないng

なければ作るしかないのだが、コストも掛けれないし肝心な出入りが出来なくなるdown

というわけで、アルミ形材で固定部を造作しコンクリート擁壁をコア抜きして固定wrench

CIMG1683.JPG

ん~

桁とブロック天端が高さが合ってて一体感がありますねsign01

玄関からのアクセスも考慮しました。

CIMG1686.JPG

この渡りも、アルミ形材とデッキ材を加工して現場加工で製作しました。

CIMG1687.JPG

休みの日に寛ぐスペース、お子様の遊び場として存分にお使いくださいませ。

使用部材は三協立山アルミ・スーパーエリーバ/ハンヨウ形材

特殊な加工取付は得意ですgood

お問い合わせはコチラmail

階段屋根工事~パートⅡ

リケンの縫村です。

大田区某所で階段屋根の工事を承りました。

そのレポートです。

先ずは施工前camera

DSC00286.JPG

下から見上げた画像eye

 

DSC00285.JPG

玄関前からeye

 

DSC00287.JPG

道路からeye

 

外階段なので雪や雨の日は滑って危険です。

この階段上に屋根をつけました。

但し、両側が壁でベランダとも絡んでいます。

通風性と屋根機能を両立せねばなりません。

三協立山アルミのバルコニー屋根部材で半特注仕様です。

 

施工後の下から見上げたcamera

DSC00302.JPG

 

施工後の玄関前からのcamera

DSC00303.JPG

 

施工後の道路からのcamera

DSC00304.JPG

屋根材はポリカボーネートのかすみ色で暗くならず、しかも汚れが目立ちにくい。

透明だと、最初はいいのですが汚れが付くと目立ちます。

しかも、頻繁には掃除は無理ですからね。

DSC00300.JPG

屋根の上の画像です。

超タイトな作り込みです。

強度も十分に確保しています。

 

どんな場所でも、強度を確保できれば施工いたします。

お問い合わせはコチラmail

 

バルコニー屋根工事

リケンの縫村です。

昨日の目隠しフェンスに続き、バルコニー屋根工事です。

これまた、杉並区某所での耐震補強&リフォーム工事の外装篇と言ったところです。

 

以前、付いていたものはアルミフレームの波板仕様wave

波板は劣化して穴が開いておりました。

DSC07505.JPG

DSC07504.JPG

画像見ての通りeye跳ね出し納まりです。

 

施工前全体像camera

DSC07506.JPG

 

そして、施工後全体像camera

DSC07890.JPG

間口は以前と同じですが、出幅を30cm程増やし吹き込みに対処しています。

屋根材は耐候性のあるポリカーボネートになります。

商品は三協立山アルミ/メニーウェルF型

 

特殊な納まりでも施工できますgood

お気軽にお問い合わせ下さいmail

階段屋根工事~その後

雪です。しかも大雪snow

DSC07887.JPG

杉並区某所に設置した階段屋根はしっかり仕事してくれているだろうか・・・

 

見に行きましたrvcardash

DSC07888.JPG

お~お~ バッチリですなgood

DSC07889.JPG

ちゃんと役目を果たしてますsign01

雪が重いけどがんばるんだよ~

階段屋根工事~その3

前回、取り付けしました階段屋根ですが・・・

手前の部屋の扉前まで延長したいとのことで追加発注いただきました。

この間の完成画像がこれsign01

DSC07773.JPG

そして延長工事完了後

DSC07866.JPG

明るいし開放的でGOODgood

商品は三協立山アルミのメニーウェルR型特注品

ありがとうございました。

階段屋根工事~その2

リケンの縫村です。

階段屋根工事の続きです。

完成しました!

DSC07773.JPG

廊下手摺壁と2階踊り場の位置あわせが大変でした。

あと、引越しの際に物を運ぶのに高さを確保しなければなりません。

既存の階段目隠しも生かさなければなりません。

単独で屋根先の支柱を施工です。

下からのぞきこんだ画像

DSC07774.JPG

高さも完璧scissors

雨や雪も降込みは少ないでしょrain

上からの画像

DSC07764.JPG

屋根の水平部から階段の勾配部の部材が特注になります。

いろいろな形状に特注加工出来ますのでご相談ください。

当然ながら見積りは無料です。

階段屋根工事~その1

リケンの縫村です。

今回の工事は階段に屋根取付です。

古い物件に新しいものを取付けると周りの汚れが目立ちます。

という事で、周りの洗浄をサービスです。

使用機材は100Vの高圧洗浄機で、TVショピングなどでも良く見かけるやつです。

本体画像は後日UPします。

TVではうそっぽい演出で汚れがガンガン落ちていますが、本当に使えます。

床タイル面の施工前と施工後の比較がこれ!

NEC_0029[1].JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボケボケですみません。

でも、一切編集や演出は御座いません。

お次はフェンスです。

自動車用のカーシャンプーを併用して洗浄します。

施工前が左、施工後が右

NEC_0032[1].JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか。

きれいでしょう!

そして、次回は本工事の屋根を下の画像の階段に取付です。・・・・・つづく

DSC07701.JPG

ページ上部へ