ホーム>スタッフブログ>リフォーム工事

リフォーム工事

門扉のリフォーム

門扉交換のご依頼がありました。

既存門柱を利用してくださいとのことでsign01

当社ではこの事例はいくつもこなしていますscissors

施工前がこれ

downwardleft

201733017483.JPG

今回はシ〇クの門扉に、三〇アルミの鋳物門扉を取付しました。

施工後がこれ

downwardleft

201733017497.JPGプロヴァンス風ですね。

 

たまに内装工事

エクステリア工事専門で売り込んでいる当社ですが・・・

 

たま~に、内装工事もやります。

 

当社リピーターのお客様からのご依頼で洗面化粧台のリニューアル

 

お客様の拘りで既製品ではなく造作でsign01

 

現状は既製品です。

 

20161128132524.JPG

それをこんなイメージの洗面化粧台に

 

20161128132634.jpg

絵をかくのは簡単でしたcoldsweats01

実際は配管もありの、間口寸法に扉枠が出っ張ってたりでcoldsweats02

20161128133013.JPG壁の白い部分はDIY好きのお客様にお願いしました。

ガレージ大型門扉

11月に東京に雪は54年ぶりですね。

ブログ更新は2か月ぶりsign01

杉並区某所でガレージ門扉と門袖を施工しました。

 

門扉は三協アルミ『サイドーレ2型』

 

門袖はLIXIL『テグラン』

 

20161124111838.JPG

竹垣工事

区内のお客様から竹垣工事の依頼です。

 

この日は暗くなってからのご訪問失礼しました。

 

既存竹垣は天然ものですでに腐っていました。

立っているのがやっと位に虫に食われております。

 

201622152012.JPG新規での提案は樹脂製の竹垣

支柱はアルミにラッピング材で檜調

 

201622152743.JPG201622152844.JPG201622152931.JPG綺麗なお庭が引き立ちますね。

 

玄関横の花壇にも施工しました。

201622154012.JPG使用した商品は三協アルミの紗更です。

ガレージ拡張工事

リケンの縫村です。

毎日、暑い日が続いておりますspa

現場仕事で肌は小麦色に焼けて『ハワイでも行ったのsign02』なんていわれています。

行きたいですね~ ワイハ~

本日は杉並区某所でガレージの拡張を依頼された工事のリポートkaraoke

ずいぶん、ブログをサボってましたので今回は長文になります。

施工前はこんな感じcamera

DSC00369.JPG

ラチスフェンスで囲まれたお庭にバイク置場を作ります。

現状のお庭ですcamera

DSC00129.JPG

ガレージより土のレベルが70センチ程高いです。

奥様の要望で『ブルーベリー』『ハナミズキ』を残す事にしましたが、とりあえず工事範囲なので

植木屋さんに保管していただきます。

サクサクっと植木を撤去しましたDSC00370.JPG

手前のタイル張りブロックも解体し、入口を作ります。

レベルの高い土も取りますが、体力より機械任せです。

機械は文句を言いませんからbleah

DSC00371.JPG

土を取った状況ですが、作業性を良くする為に、砕石を敷き込みました。

土間砕石も念入りに填圧をかけます。パタパタパタdash

DSC00374.JPG

残した土との段差部は化粧ブロックで土留めを作ります。

CIMG1701.JPG

新規のカーポートの支柱建て込みも終わり、土間コンクリートの段取りでワイヤーメッシュを敷きます。CIMG1712.JPG

ワイヤーメッシュも砕石の上に直に敷かずに、サイコロブロックでコンクリートによく絡むようにします。

突き当りにも奥様の要望で花壇を造りました。

古いブロックの裏側も汚いので、薄塗りモルタルで化粧しました。

CIMG1714.JPG

そして土間コンクリート打設です。

この後、フェンス取付やカーポート屋根組立などもして完成ですgood

DSC00442.JPG

古いカーポートも再利用で残しました。

DSC00443.JPG

突き当りの花壇に生垣をしています。

まだスカスカですが、1年後には目隠し効果が出るでしょう。

DSC00444.JPG

目線の高さに新規のカーポートが来るので、ラチスフェンスで空間を分けました。

『ブルーベリー』は奥へ、『ハナミズキ』は手前のほうに植えました。

古いウッドデッキも塗装をして綺麗にしました。

本題はバイク置場なのですが、私は個人的にこの空間が好きですscissors

この空間にもうひとつアイテムを導入していますcamera

DSC00447.JPG

手動式ロールアップシェードです。

シェードで直接の日差しを遮り、ラチスから木漏れ日のような光が差す。

くつろぎの空間です。

長文になりましたが、満足できる仕事が出来た事をお客様に感謝しております。

ありがとうございましたsign01

 

 

古~いアパート内装リフォーム

リケンの縫村です。

本日は昭和なアパートのリフォームです。

お客さんのご要望で「安く・安くyen」 決まり文句です・・・

まずは施工前camera

DSC07593-s.JPGDSC07594-s.JPG

そして施工後camera

DSC00016.JPG

shineん~んshine綺麗

施工前は古いデジカメ、施工後は新しいデジカメの影響もありますが本当に明るくなりましたsun

 

和室の施工前camera

DSC07608-s.JPGDSC07609-s.JPG

そして施工後camera

DSC00021.JPG

床面積はおおよそ12坪

塗装・クロス張り・畳・ふすま・クッションフロア・クリーニングをしまして50諭吉程度paper

そうそう、忘れてましたコレbell

DSC00019.JPG

火災警報器bell

煙感知3台・熱感知1台も含んでおります。

アパートのオーナー様ご依頼お待ちしています。

お問い合わせ・お見積り無料sign01

お問い合わせはコチラmail

 

火災現場修復工事

リケンの縫村です。

本日も朝のうちrainでしたので、過去の工事を紹介します。

目黒区某所で当社顧客の所有アパートが火災したとtelephoneがあり、修復してほしいとの事

とりあえず、見に行きました。

現場付近に到着すると焦げた臭いが漂っていました。

DSC04788.JPG

一目見たときは大したことはないと思いましたが、奥のほうが酷いdown

オーナー様に「なんとかなりますか」と言われ、言葉を失い「中を見させてください」

なかにはいりました

DSC04724.JPG

犠牲者が無かった事が不幸中の幸いですね

DSC04726.JPG

ここは1階が1世帯で2階ワンルーム×4世帯の造り

どうやら、借主が又貸しをしていてたこ部屋だったそうです。

スタンド照明が出火原因らしく・・・

1階はほぼ全滅状態down

一部焦げたボードを剥してみると、構造材が生きていましたshine

これは行けると思い、フルリフォームで提案しました。

おおよそ2ヶ月かかりましたが、修復+α 出来ました。

間取り変更をするため外周以外の構造材は全て交換です。

1階・2階共に3世帯分の合計6世帯

一番悩んだのが1階の各部屋へ行くための通路

敷地がギリギリなので元の玄関・トイレ・浴室つぶして通路確保good

DSC05083.JPG

右手に見えるのが通路

そこを進んでいくと

DSC05084.JPG

工事前はこの部分はゴミだらけと洗濯機が置いてありました。

 

2階の通路も洗濯機置場などがあり非常に狭い

DSC04789.JPG

洗濯機は部屋の中に置ける間取りに変更

通路もスッキリさせバルコニー屋根も取付けました。

DSC05085.JPG

 

隣同士の間仕切りも天井裏まで耐火構造にしてあります。

万が一火災が起きても避難する時間を稼げます。

構造材も補強をしてありますので、耐震性はバッチリsign01

3.11の震災でもひびひとつ入りませんでした。

外装もスパニッシュな感じにしてみましたflair

DSC05082.JPG

新築のような仕上がりですnew

 

火災現場・耐震補強・耐震リフォーム・小規模工事

なんでもお気軽にご相談ください。mail

 

 

 

 

耐震補強&リフォーム工事~その2

リケンの縫村です。

昨日のつづき~

構造材交換篇となります。

基礎と土台はボルトで締結されていますが、サビサビで再利用不可ですwobbly

新規のボルトをケミカルアンカーで取付shine

DSC07328.JPG

穴あけして取付完了! (画像なしshock

完全硬化したら締め付けますwrench

注入済土台ですが、さらに取付前に下面に防腐剤塗布(檜)

DSC07402.JPG

 

古い土台の切口にも塗布!

DSC07401.JPG

凄くスピード感のある画像です。

 

DSC07403.JPG

そして、外回り土台交換完了motorsports

次は柱の腐食部分の交換です・・・つづく

 

 

耐震補強&リフォーム工事~その1

リケンの縫村です。

本日から、耐震補強&リフォームのレポートです。

実はこの工事は去年から今年にかけて施工しました。

ブログが最近立上ったのでご紹介します。

とにかく、情報量が多いので長期間になると思います。

現場は杉並区某所house

3.11の震災で浴室の壁が落ちそうなので何とかしてほしい・・・とご相談

訪問してみると、壁・床ともにブカブカsign03

応急処置をすませましてお話を伺うと、震災前から耐震の精密診断を区のほうへ依頼されているとの事。

そして、月日は流れ依頼のご一報(ありがとうございます)

杉並区の耐震補強工事助成金を利用する為に、いろいろ書類をそろえ区に提出memo

(区に申請するのはお客様本人で当社は計画書と図面を作成)

またまた月日は流れ・・・区から申請がとおりましたの連絡telephone  (ホッ)

そして、着工~まずは解体

お客様は仮の住まいへ避難sweat01

下の画像は外からの撮影camera 窓下の壁が落ちています。

DSC07237.JPG

落ちた壁撤去!

の30秒後

DSC07254.JPG

ん~ 土台が腐りきって土に帰ってます。

そして、中からの撮影がこれcamera

DSC07250.JPG

モルタルとタイルだけで持ち堪えています。

昔の作りは浴室の洗い場が土台より上なので水が回りやすいのです。

今度はユニットバスなので思い切って解体!

の30分後

DSC07329.JPG

達成感に満ちた職人1名発見eye

DSC07330.JPG

もう一名発見eye

これから、一ヶ月彼らが大活躍good

土台はおろか、柱も駄目です。交換です。

在来工法の住宅は差し替えが出来るのでなんとかなります。

耐震補強の前に駄目な構造材交換ですな・・・つづく

 

 

ページ上部へ