ホーム>スタッフブログ>門扉工事

門扉工事

門扉のリフォーム

門扉交換のご依頼がありました。

既存門柱を利用してくださいとのことでsign01

当社ではこの事例はいくつもこなしていますscissors

施工前がこれ

downwardleft

201733017483.JPG

今回はシ〇クの門扉に、三〇アルミの鋳物門扉を取付しました。

施工後がこれ

downwardleft

201733017497.JPGプロヴァンス風ですね。

 

ガレージ大型門扉

11月に東京に雪は54年ぶりですね。

ブログ更新は2か月ぶりsign01

杉並区某所でガレージ門扉と門袖を施工しました。

 

門扉は三協アルミ『サイドーレ2型』

 

門袖はLIXIL『テグラン』

 

20161124111838.JPG

門扉改修工事ーその2

リケンの縫村です。

過ごしやすい季節になってきました。

本日は都内某所で門扉の改修のリポートです。

お客様の依頼は、現状の門扉を電気錠の付いた門扉に交換したいとの依頼です。

施工前の門扉camera

DSC00427.JPG

TOEXの製品です。

低コストで施工するために門柱は既存を利用しましょう。

問題は電気配線工事think

DSC00428.JPG

奥から2番目のオレンジのパイプがインターホンの配線が通っている管です。

ここを通せば配線を埋める為の掘削などの必要はありませんね。

そして、インターホン子機の裏側に貫通穴を開けてブロックの裏側は化粧パイプを取付wrench

これで表はクリヤです。

内部も床下に潜り込み壁の隙間に配線送り込んで、内部操作ユニットを取付wrench

内部が一番大変でしたが無事完了motorsports

こんな感じですcamera

DSC00526.JPG

DSC00524.JPG

リモコンで開錠施錠、もしくはリモコンを携帯して1mまで近づくと開錠し離れると施錠されます。

TOEX タッチ&ノータッチキー

 

極力、低コストを心がけてご提案しています。

見積りは無料ですのでお問い合わせ下さい。mail

 

 

門扉改修工事

リケンの縫村です。

1ヶ月溜め込んでしまったブログpc

昨日に引き続き更新です。

今回は都内某所で門扉の改修工事を依頼されました。

施工前ですcamera

DSC00385.JPG

現状はこんな感じです。

玄関のアプローチとガレージの扉を、この4枚の木製吊戸でまかなっています。

人の出入りもこの扉を開閉しなければなりません。

木製ですので、下の方は腐っていて動きも良くありません。

DSC00383.JPG

この付近は、過去に冠水した経験があることからガレージの土間を嵩上げしています。

上側の梁は鉄骨造で作られていますので、手をつけると工事費が高額になります。

上記の点を考慮すると車の高さを確保しながら、車と人が別々の入口から出入りできるのがベストと考えflair

スライディングゲートと開き戸の組合せで改修しました。

もちろん、耐久性のあるアルミでsign01

 

そして完成がコチラcamera

DSC00544.JPG

動きがスムーズで、開閉時の音も静かです。

DSC00545.JPG

スライディングゲートは高さを特注で製作してます。

メーカーは三協立山アルミで、商品は『サイドーレRワイド1型』

開き戸は同メーカーの『ニューエクモアハイタイプ7型』になります。

お客様からは『快適になりました』と喜ばれております。

ありがとうございましたsign01

 

特殊な納まりでも対応できます。

ご相談ください。mail

屋上に門扉取付

本日は天気もよく屋上で作業sun

屋上に門扉を新設する工事ですが、制約が色々あります。

防水の関係で床に深い穴はng

施工場所はココ

IMG_2637.JPG

内容は片開き&袖フェンス

既存格子手摺が利用できそうですが、穴を開けてしまうと切り粉が広がってサビが床一面にひろがるのでng

ということでコレ

DSC08003.JPG

アルミアングルピースをUボルトで固定wrench

 

DSC08002.JPG

足元は既存基礎にアルミCチャンネルを切り出した部材で固定wrench

吊元柱なので頑丈にgood

 

DSC08004.JPG

戸当り柱側は新規基礎石で施工sign01

この柱にフェンス柱を抱かせて、柱~袖フェンス~既存格子手摺に固定

 

DSC08007.JPG

揺さぶってみましたが、かなり頑丈good

Uボルト以外は全て三協立山アルミの製品をつかいました。

同社のハンヨウ部材はいろいろな用途に使えるので大変重宝します。

 

特殊な取付も得意なのでお問い合わせ下さいmail

 

ページ上部へ